アルプロン・WPIプロテイン(レモンヨーグルト風味)を楽天にて購入してみました。 | 筋肉の鍛え方

アルプロン・WPIプロテイン(レモンヨーグルト風味)を楽天にて購入してみました。

>> 北島達也の筋トレ法
公開日:2015年10月22日
 ブログトップ >> アルプロン・WPIプロテイン(レモンヨーグルト風味)を楽天にて購入してみました。

アルプロンのWPIプロテイン(レモンヨーグルト風味)が期間限定で販売されていましたので、楽天サイトより購入してみました。その感想を記事にしたいと思います。

楽天にて購入。 箱ではなく、小包でした。

楽天にて購入。
箱ではなく、小包でした。

中身はどんな感じか?

中の様子。 WPCとはやはり違う感じがする。

中の様子。
WPCとはやはり違う感じがする。

当サイトでレビューしたWPIのプロテインといえば「ビーレジェンドMUTENKA」があります。中身がパサパサしていたのですが、アルプロンのWPIプロテインも似たような感じがします。計量スプーンが中に入っていますが、これは初めから入っているのがビーレジェンドとの違いになるでしょう。

成分表を見てみる。

成分表。 見慣れない(?)成分がある。

成分表。
見慣れない(?)成分がある。


使用されている人工甘味料は例によってアスパルテームですが、それ以外にも「キサンタンガム」というものが含まれています。他にも「酸性飲料用ホエイたんぱく」と書かれていますが、「酸性」という言葉が気になってしまいます。クエン酸でも含まれているのでしょうか。

水で飲んでみる。

水で飲んでみます。

水で飲んでみます。

WPIプロテインは「乳糖」と呼ばれるものを極限までカットして、乳糖不耐症の方や脂質をギリギリまで抑えたい方に開発されています。牛乳で混ぜてしまうと、意味がなくなってしまうので水で飲むことにします。

例によって 付属のスプーン2杯と 同量の水です。

例によって
付属のスプーン2杯と
同量の水です。

混ぜた後の様子。 泡がかなり立っている。

混ぜた後の様子。
泡がかなり立っている。

飲んだ後の様子。 泡が付いている。

飲んだ後の様子。
泡が付いている。


水の量に関しては「1:1」になるようにして混ぜましたが、実際に混ぜてみると予想以上に泡が立って驚きました。溶けやすさに関しては抜群に良いのですが、混ぜ方が甘いとダマができてしまいます。

できたダマを口に入れたところガムのような感じがしました。キサンタンガムの影響かもしれません。飲んだ後に関しても、泡の量がすごいのでこびりついた状態になってしまいました。

何度も試しましたが泡を減らすことはできませんでした。程よい甘さで良いのですが、泡が気になってしまう方もいるかもしれません。ビーレジェンドと比較すると甘さはこちらの方が薄い感じです。


最強のプロテインが販売されました。

楽天で販売されているアルプロントップアスリートシリーズ(送料無料)

送料が無料で、かつ、ギリギリまで安くなっているものを選びました。
WPI(たんぱく質含有量90%以上)のものやカゼインプロテインもあります。
楽天で可能な限り安く購入したいのなら、単品よりもまとめ買いがおススメです。

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズ

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズのホエイプロテインをまとめました。

ビーレジェンドシリーズ

各スポーツで活躍されている方々が絶賛しているプロテイン「ビーレジェンド」です。 ボディビルダーだけでなく、総合格闘家、プロ野球、水泳、テニスなどで活躍されている方の声が掲載されています。

新しく「そんなバナナ風味」が発売されています。
ビーレジェンドを購入したい方はこちらをクリックすると公式サイトへ移動します。
以下はビーレジェンドプロテイン以外のサプリメントで、かなりハードな運動をされている方におススメです。

以下は、夜用のプロテインで、カタボリックを防いでくれます。




人工甘味料・アスパルテームが気になる方へ

いくつか記事で取り上げていますが、味付きのプロテインに含まれる人工甘味料アスパルテームについて 難色を示される方も少なからずいます。アマゾンやそれ以外のレビューでもそのことについて書いている方がいますが、 実際にはそこまで心配するほどのものではないようです。 アスパルテームに関しては当サイトでも調べて簡単な記事にしていますので、 ぜひ参考にされたらと思います。



>> マニアックな筋トレグッズはこちら
>> 北島達也の筋トレ法

ブログトップ >> アルプロン・WPIプロテイン(レモンヨーグルト風味)を楽天にて購入してみました。
公開日:2015年10月22日