筋肉の鍛え方 | 自宅でも効率的にできる筋トレ法 - Part 5

筋肉の鍛え方・自宅でも効率的にできる筋トレ法 >> 北島達也の筋トレ法

>> トップページ

最強のプロテインが販売されました。

楽天で販売されているアルプロントップアスリートシリーズ(送料無料)

送料が無料で、かつ、ギリギリまで安くなっているものを選びました。
WPI(たんぱく質含有量90%以上)のものやカゼインプロテインもあります。
楽天で可能な限り安く購入したいのなら、単品よりもまとめ買いがおススメです。

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズ

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズのホエイプロテインをまとめました。

ビーレジェンドシリーズ

各スポーツで活躍されている方々が絶賛しているプロテイン「ビーレジェンド」です。 ボディビルダーだけでなく、総合格闘家、プロ野球、水泳、テニスなどで活躍されている方の声が掲載されています。

新しく「そんなバナナ風味」が発売されています。
ビーレジェンドを購入したい方はこちらをクリックすると公式サイトへ移動します。
以下はビーレジェンドプロテイン以外のサプリメントで、かなりハードな運動をされている方におススメです。

以下は、夜用のプロテインで、カタボリックを防いでくれます。




プロテインに関する記事一覧



新着記事一覧

女性がスリムになるにはどうすればいいのか
|公開日:2014年10月17日

女性でスリムになりたい方は当然多いと思いますが、そうなる上で重要になる考え方をボディビルの元チャンピオンが語ってくれます。美容師の資格も持ち、美を追求するような仕事にも携わっている、その方面からの観点とフィットネスの観点を融合させた考え方は興味深いものがあります。 (さらに…)

ウエイトトレーニングの起源
|公開日:2014年10月16日

北島氏の会話の中でウエイトトレーニングの起源に関する話がありましたが、興味深い話だったので詳しく調べてみることにしました。古代ギリシャが起源ということなので、そこからスタートしました。 (さらに…)

筋トレ(ウェイトトレーニング)をやるとスピードが落ちるのか?
|公開日:2014年10月15日

日本ではどういうわけか筋トレとしてウエイトトレーニングをやると動きのスピードが落ちるという誤解が一般的になっているようですが、なぜこのような誤解が生まれているのか、という話です。 (さらに…)

筋トレに適した年代は30代か40代か?
|公開日:2014年10月14日

筋トレは若いうちにやるもの、というイメージは何となく持っている方は多いのではないのでしょうか。でも実際はどうかというと、筋力アップに適した男性ホルモンは40代になると分泌量が最も多くなるため、実は40代は筋トレに最も適しているといえるのです。 (さらに…)

トレーニングジムやスポーツジムの選び方をボディビルダーがアドバイス
|公開日:2014年10月13日

日本でもトレーナー付のジムというのがあります。筋トレをしていると人によってはジムに行ってみたくなる人も出てくると思います。しかしながら、日本と海外のジムではかなり違いがあり、必ずしも日本のジムが良いものであるとは限らないようです。 (さらに…)

アメリカのビジネスマンは筋トレと仕事を両立させている
|公開日:2014年10月10日

ウェイトトレーニングのメリットとしてアドレナリンが分泌されるという点にあります。これは体がだるかったり、眠くてボーっとしてしまう時に分泌されると頭が冴えてくるため、仕事の合間にやると非常に効果的です。 (さらに…)

筋トレマニアにおすすめのマッスルモール
|公開日:

筋トレグッズを調べてみると色々なものが出回っていますが、もしもマニアックな筋トレグッズを使ってみたいという方におススメの通販サイトです。世界中でトップクラスの格闘家やその他の競技をするアスリートが率先して使用する筋トレ器具が満載です。 (さらに…)

筋トレのための食事方法をボディビルダーが語る
|公開日:2014年10月9日

筋トレに励む人の中で食事をちゃんと意識できている人は少ないかもしれません。ボディビルダーの北島氏による「筋肉を太くする食事法」の解説は非常に面白く、ただ単に鍛えるだけでは意味がないということを感じさせられます。 (さらに…)

「神の7秒間ルール」について調べてみた
|公開日:2014年10月7日

生理学上、最大の筋肉を7秒間使う「神の7秒間ルール」とは、どういう理論として認知されているのかを調べてみましたところ、「アイソメトリック・トレーニング」という名前が出てきました。 (さらに…)

筋トレを長時間行うのは良くない
|公開日:

筋トレというのは長い時間行えばよい、と考える人もいるようですが、体を鍛えるプロからするとそれ自体が無駄といえるようです。トレーニングで特に重要になるのは「7秒間最大の筋肉」を使うことにあるようです。 (さらに…)



>> トップページ