筋トレのための食事方法をボディビルダーが語る | 筋肉の鍛え方

筋トレのための食事方法をボディビルダーが語る

>> 北島達也の筋トレ法
公開日:2014年10月9日 / 最終更新日:2015年4月10日
 ブログトップ >> 筋トレのための食事方法をボディビルダーが語る

筋トレに励む人の中で食事をちゃんと意識できている人は少ないかもしれません。ボディビルダーの北島氏による「筋肉を太くする食事法」の解説は非常に面白く、ただ単に鍛えるだけでは意味がないということを感じさせられます。

一般に筋肉をつけるのに必要となる栄養としてタンパク質は有名ですが、このたんぱく質にはある欠点があることがわかりました。

体の中に取ってもタンパク質が筋肉に使われる時間というのは限られていて、たくさん取っても一日持つわけではなくて、大体6時間くらいしたら
補給しないといけないんです。タンパク質を取っていても筋肉として使えなくなっちゃう。

——中略——

筋肉とか皮膚とか髪の毛に使えるのは、6時間がせいぜいいいところです。
タンパク質を5~6時間とらないと体に何が起きるかというと、皮膚とか筋肉とか髪の毛を分解して、そこからタンパク質を作ろうとするんです。
それをカタボリックという現象なんですけれども、筋肉を大きくしたいときにはカタボリックという状態にならないようにするのが一番大事なので、タンパク質を増やすことが大事ですね。

タンパク質が筋肉の基本になるのはよく知られているところですが、筋肉をつけたいのであれば、「カタボリック」が起こらないように食事をある程度考えないといけなくなります。

また、インタビューの中で、植物性と動物性のたんぱく質にも触れていますが、動物性タンパク質の方が確実に良いとのこと、また、誤った認識に関しても触れています。

ポイントは「タンパク質を5時間ごとに補給する」点にあります。筋肉を太くする食事ということですが、実際にはどのような食事サイクルになるかというと以下のようになります。

  • 1日3食、動物性タンパク質が多めの食事をする。
  • 間の2回はプロテインで補給する。

カタボリック防止のために開発されたプロテインがあります。


最強のプロテインが販売されました。

楽天で販売されているアルプロントップアスリートシリーズ(送料無料)

送料が無料で、かつ、ギリギリまで安くなっているものを選びました。
WPI(たんぱく質含有量90%以上)のものやカゼインプロテインもあります。
楽天で可能な限り安く購入したいのなら、単品よりもまとめ買いがおススメです。

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズ

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズのホエイプロテインをまとめました。

ビーレジェンドシリーズ

各スポーツで活躍されている方々が絶賛しているプロテイン「ビーレジェンド」です。 ボディビルダーだけでなく、総合格闘家、プロ野球、水泳、テニスなどで活躍されている方の声が掲載されています。

新しく「そんなバナナ風味」が発売されています。
ビーレジェンドを購入したい方はこちらをクリックすると公式サイトへ移動します。
以下はビーレジェンドプロテイン以外のサプリメントで、かなりハードな運動をされている方におススメです。

以下は、夜用のプロテインで、カタボリックを防いでくれます。




人工甘味料・アスパルテームが気になる方へ

いくつか記事で取り上げていますが、味付きのプロテインに含まれる人工甘味料アスパルテームについて 難色を示される方も少なからずいます。アマゾンやそれ以外のレビューでもそのことについて書いている方がいますが、 実際にはそこまで心配するほどのものではないようです。 アスパルテームに関しては当サイトでも調べて簡単な記事にしていますので、 ぜひ参考にされたらと思います。



>> マニアックな筋トレグッズはこちら
>> 北島達也の筋トレ法

ブログトップ >> 筋トレのための食事方法をボディビルダーが語る
公開日:2014年10月9日 / 最終更新日:2015年4月10日