トレーニングジムやスポーツジムの選び方をボディビルダーがアドバイス | 筋肉の鍛え方

トレーニングジムやスポーツジムの選び方をボディビルダーがアドバイス

>> 北島達也の筋トレ法
公開日:2014年10月13日 / 最終更新日:2014年10月23日
 ブログトップ >> トレーニングジムやスポーツジムの選び方をボディビルダーがアドバイス

日本でもトレーナー付のジムというのがあります。筋トレをしていると人によってはジムに行ってみたくなる人も出てくると思います。しかしながら、日本と海外のジムではかなり違いがあり、必ずしも日本のジムが良いものであるとは限らないようです。

油圧マシンというものがあるが

油圧マシンというのがあるんですけれども、油圧の抵抗で、あと、電気のコンプレッサーで圧力で重さが変わったりするマシンで、高いんですけれども、あの辺は全然効果でないんで、普通の重りがあるマシンを使ったものであることが大前提ですね。基本的に負荷のかかり方が全然違うので、例えば、上げて上の方だけが重かったりだとか、下げて下げっぱなしであったりだとか、根本的にトレーニングにならないんですよね。制御されるというよりは、もともとあれは筋肉をつけるとかそういうものではなくて、怪我した人が関節を動かすために、リハビリとして使って、トレーニング目的というものではないですね。

「油圧マシン」というキーワードが出てきましたが、実際に調べてみると、リハビリ用の機器として使われているのが一般的なようです。また、高齢者用のものもあるようで、やはり単純に筋力を強く太くしたいという方には不向きな印象を受けます。

アメリカ人から見た日本のジム

アメリカ人の友達がよく言うんですけれども、日本のジムは入った時に、受付の所が高級ホテルのようなところで、プールとかもすごくて、どんな事務かなと思って、ワクワクしながら入ると、インドネシア以下だというんですよね。

日本のジムをアメリカ人がどう評価しているのか非常に興味深いところですが、さすがにこの評価は厳しいといえます。筋トレの正しい方法が広まっていないといわれますが、やはりジムを見てもそれが窺えるような気がします。

日本のトレーナー付ジムの現状

トレーナーも現状日本のジムというのはアルバイトとか1週間の研修という人が多いんです。今のジムの月1万円で、トレーナーが毎回つきますよというのは、トレーナーにまともな給料が払えるシステムではないんです。あれはそもそも日本に、年間500万とか払うジムのシステムをそのまま安くしたので、トレーナー付のジムということになったんですけれども。

トレーナ付というと、なんだかいい響きがしますが、本来のシステムとは大きく異なるものであるため、あまり期待できないのは確かなようです。いわゆる「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、まさにそれを表しているような気がします。

入会する場合は知識が必要

中に入ると思うんですけれども、そのトレーナーがいいかどうかという判断は自分に知識がないとできないので、最終的に絶対にジムに行く前に、知識は優先的にないといけないですね。トレーナーも選べないし、ジムも選べないし、結果としてまとまったトレーニングができなくて、体は変わらないし、ということになるので、ジムに入会する前に、ある程度知識が必要ということですね。

筋トレを正しく行うためには、やはり知識が必要になるということでしょう。ただ、本当に良い知識というのは安く手に入るものではなく、どうしても値段が高くなってしまいがちになるので、そのような点は常に念頭に置いたほうがいいかもしれません。

北島氏が公開している情報は、アーノルドシュワルズネッカーや世界トップのボディビルダー、スポーツ選手が集まるアメリカのロスにあるジムで世界で有名なトレーナーたちから教わったものであるため、効率の良い鍛え方を身につけることができます。


最強のプロテインが販売されました。

楽天で販売されているアルプロントップアスリートシリーズ(送料無料)

送料が無料で、かつ、ギリギリまで安くなっているものを選びました。
WPI(たんぱく質含有量90%以上)のものやカゼインプロテインもあります。
楽天で可能な限り安く購入したいのなら、単品よりもまとめ買いがおススメです。

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズ

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズのホエイプロテインをまとめました。

ビーレジェンドシリーズ

各スポーツで活躍されている方々が絶賛しているプロテイン「ビーレジェンド」です。 ボディビルダーだけでなく、総合格闘家、プロ野球、水泳、テニスなどで活躍されている方の声が掲載されています。

新しく「そんなバナナ風味」が発売されています。
ビーレジェンドを購入したい方はこちらをクリックすると公式サイトへ移動します。
以下はビーレジェンドプロテイン以外のサプリメントで、かなりハードな運動をされている方におススメです。

以下は、夜用のプロテインで、カタボリックを防いでくれます。




人工甘味料・アスパルテームが気になる方へ

いくつか記事で取り上げていますが、味付きのプロテインに含まれる人工甘味料アスパルテームについて 難色を示される方も少なからずいます。アマゾンやそれ以外のレビューでもそのことについて書いている方がいますが、 実際にはそこまで心配するほどのものではないようです。 アスパルテームに関しては当サイトでも調べて簡単な記事にしていますので、 ぜひ参考にされたらと思います。



>> マニアックな筋トレグッズはこちら
>> 北島達也の筋トレ法

ブログトップ >> トレーニングジムやスポーツジムの選び方をボディビルダーがアドバイス
公開日:2014年10月13日 / 最終更新日:2014年10月23日