自重トレーニングに関するボディビルダーの見解 | 筋肉の鍛え方

自重トレーニングに関するボディビルダーの見解

>> 北島達也の筋トレ法
公開日:2014年10月6日 / 最終更新日:2014年10月23日
 ブログトップ >> 自重トレーニングに関するボディビルダーの見解

腕立て伏せとかスクワットなど自分の体重を利用したトレーニング方法を自重トレーニングといいます。日本では一般的に行われている方法ですが、海外ではウェイトトレーニングの方が一般的です。この2つに違いはあるのでしょうか。

以上の動画では「1:37」辺りから自重トレーニングについての解説をしています。質問に対する回答する形式のもので、トレーニングをしても筋肉が固くならない、自重トレーニングに関してどうなのか、という質問です。

自重筋トレについて、日本では自重トレーニングは良くて、ウェイトトレーニングは良くないという誤解について説明されていますが、基本的にやってることは変わらないということを強調されています。

…自重とウェイトは両者とも全く同じなんです。レベルの違いなだけで。

何が同じかというと、自重トーニングもウェイトトレーニングも地球の重力を負荷として与えてトレーニングをしているわけなんです。

地球の重力を利用しているのは、自分の体重とウェイトを足したのと変わらないんです。
一番大事なのはその重さが、どこの筋肉に入っているかということですね。
ですから、その使ってる角度が合っていれば、正しいトレーニングになります…

やはり最終的にはどっちの方が筋肉を太くするかという点ではやはりウェイトトレーニングの方が効率的なものであるのは確かなようですし、鍛えたい筋肉にちゃんと負荷がかけられているかどうか、というのも重要なポイントになるでしょう。

あと、質問者の方は高校生ということもありますが、ウェイトトレーニングに関しては若すぎる段階で始めるのは良くないとよく言われてます。いわゆる思春期の段階で行うウェイトトレーニングの是非に関しては非常に気になる部分があります。


最強のプロテインが販売されました。

楽天で販売されているアルプロントップアスリートシリーズ(送料無料)

送料が無料で、かつ、ギリギリまで安くなっているものを選びました。
WPI(たんぱく質含有量90%以上)のものやカゼインプロテインもあります。
楽天で可能な限り安く購入したいのなら、単品よりもまとめ買いがおススメです。

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズ

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズのホエイプロテインをまとめました。

ビーレジェンドシリーズ

各スポーツで活躍されている方々が絶賛しているプロテイン「ビーレジェンド」です。 ボディビルダーだけでなく、総合格闘家、プロ野球、水泳、テニスなどで活躍されている方の声が掲載されています。

新しく「そんなバナナ風味」が発売されています。
ビーレジェンドを購入したい方はこちらをクリックすると公式サイトへ移動します。
以下はビーレジェンドプロテイン以外のサプリメントで、かなりハードな運動をされている方におススメです。

以下は、夜用のプロテインで、カタボリックを防いでくれます。




人工甘味料・アスパルテームが気になる方へ

いくつか記事で取り上げていますが、味付きのプロテインに含まれる人工甘味料アスパルテームについて 難色を示される方も少なからずいます。アマゾンやそれ以外のレビューでもそのことについて書いている方がいますが、 実際にはそこまで心配するほどのものではないようです。 アスパルテームに関しては当サイトでも調べて簡単な記事にしていますので、 ぜひ参考にされたらと思います。



>> マニアックな筋トレグッズはこちら
>> 北島達也の筋トレ法

ブログトップ >> 自重トレーニングに関するボディビルダーの見解
公開日:2014年10月6日 / 最終更新日:2014年10月23日