効果的なダイエット=食事回数・増-糖質-炭水化物+タンパク質×α | 筋肉の鍛え方

効果的なダイエット=食事回数・増-糖質-炭水化物+タンパク質×α

>> 北島達也の筋トレ法
公開日:2014年10月28日
 ブログトップ >> 効果的なダイエット=食事回数・増-糖質-炭水化物+タンパク質×α

ボディビルチャンピオンの北島達也氏が効果的なダイエットについて教えてくれます。なかなか興味深い内容なので女性にはおススメのものです。

簡単にまとめると…

ダイエットに効果的な食事法に関して北島達也氏の解説をまとめると次のようになります。

  • 脂肪を蓄えないように、筋トレをがんばる
  • 食事の回数を増やす
  • 炭水化物、糖質を取らないようにする
  • タンパク質を5~6時間おきに取り入れるようにする

ここでいう筋トレは通常の腕立て伏せなどではなく、いわゆる自分の限界ギリギリまで筋肉に負荷をかけるウェイトトレーニングであることは言うまでもありません。

「ケトン体」という言葉が出てくるが…

聞きなれない専門用語として「ケトン体」という言葉が出てきます。

…炭水化物を減らすと、脂肪とタンパク質をエネルギーとするために肝臓を使ってケトン体というのが出てくるんですけれども…

かつてこの「ケトン体」というのは体に悪いとされていたようですが、現在は否定されており、ブドウ糖と同じように脳に行き渡る物質であり、また、ボケ防止や若返りにも効果的な物質であることも分かっているようです。

今まではブドウ糖しかエネルギーがいかないとしてきたんですけれども実はケトン体というのも行くので、ボケてしまった人というのは、ブドウ糖が脳まで行かないので、ボケてしまうのが進行しやすいんですけど、ケトン体は行くので良かったりというデータも出ていますので…

この「ケトン体」が脳に与える影響に関しては、順天堂大学大学院教授の白澤卓二先生がいくつかケトン体で行うダイエットの書籍を出版しています。他にも取材記事として以下の記事があります。

肝臓によって、脂質やタンパク質がケトン体に変換されるという点を踏まえると、タンパク質の摂取がいかに大事なのかが分かるようになってきます。

「ケトン体」という言葉以外にも「ケトアシドーシス」という言葉が出てきましたが、当サイトで色々調べてみようと思います。ケトン体についての説明は以下のサイトをおススメします。脂肪だけでなく、タンパク質がどういう時にケトン体に変換されるのかが簡単に説明してあります。


最強のプロテインが販売されました。

楽天で販売されているアルプロントップアスリートシリーズ(送料無料)

送料が無料で、かつ、ギリギリまで安くなっているものを選びました。
WPI(たんぱく質含有量90%以上)のものやカゼインプロテインもあります。
楽天で可能な限り安く購入したいのなら、単品よりもまとめ買いがおススメです。

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズ

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズのホエイプロテインをまとめました。

ビーレジェンドシリーズ

各スポーツで活躍されている方々が絶賛しているプロテイン「ビーレジェンド」です。 ボディビルダーだけでなく、総合格闘家、プロ野球、水泳、テニスなどで活躍されている方の声が掲載されています。

新しく「そんなバナナ風味」が発売されています。
ビーレジェンドを購入したい方はこちらをクリックすると公式サイトへ移動します。
以下はビーレジェンドプロテイン以外のサプリメントで、かなりハードな運動をされている方におススメです。

以下は、夜用のプロテインで、カタボリックを防いでくれます。




人工甘味料・アスパルテームが気になる方へ

いくつか記事で取り上げていますが、味付きのプロテインに含まれる人工甘味料アスパルテームについて 難色を示される方も少なからずいます。アマゾンやそれ以外のレビューでもそのことについて書いている方がいますが、 実際にはそこまで心配するほどのものではないようです。 アスパルテームに関しては当サイトでも調べて簡単な記事にしていますので、 ぜひ参考にされたらと思います。



>> マニアックな筋トレグッズはこちら
>> 北島達也の筋トレ法

ブログトップ >> 効果的なダイエット=食事回数・増-糖質-炭水化物+タンパク質×α
公開日:2014年10月28日