アスパルテームとプロテイン | 筋肉の鍛え方

ホエイプロテインのレビューで気になったもの人工甘味料・アスパルテームについて

>> 北島達也の筋トレ法
公開日:2014年10月21日 / 最終更新日:2017年1月15日
 ブログトップ >> ホエイプロテインのレビューで気になったもの人工甘味料・アスパルテームについて

アルプロン・トップアスリートシリーズのホエイプロテインは現在アマゾンのレビューだけでも90件以上ありますが、その中で人工甘味料について否定的なレビューがありました。製品で使われている人工甘味料は「アスパルテーム」というもので、プレーン味を除いて全てこの人工甘味料が使われています。

上でレビューされている方は、アマゾン限定の「ココア味」を注文されていますが、他のものに比べて少し値上がりしてしまうようです。

他にも、アルプロンのホエイプロテインと肩を並べるものに「ビーレジェンド」がありますが、この商品のアマゾンレビューを見てみるとやはり人工甘味料であるアスパルテームについて不安を感じている方がいるようです。

アスパルテームについての簡単な説明

味の素の公式サイトで説明されているものが一番わかりやすいです。

アスパラギン酸は酸味とわずかなうま味をもち、フェニルアラニンは苦味がありますが、この2つのアミノ酸を結合させたものであるアスパルテームには砂糖の200倍もの甘味があります。

アミノ酸を基にして作られた、世界で一番使われている人工甘味料であるということがわかります。

安全性に関してはいくつか意見が分かれている。

アスパルテームの毒性に関する確実な記事をいくつか拾いました。

アスパルテームの毒性に関しては完全に意見が分かれている状況ですが、THINKER Question Authority で解説されている対処療法も非常に興味深いので以下引用します。

まず、 充分な量(一日2リットル以上)の良質な水(お茶より水、解毒には軟水が望ましい)を毎日食事の合間に飲むことです。 肝臓に蓄積された毒物を水分とともに腎臓から尿として排出できるからです。それにプラスして、非常に有効なのは 、日々無理のない運動をして体に負担をかけすぎない程度に(ウォーキングやスロージョギングなど一日20分以上)汗を流すことです。

他にも 生野菜やフルーツ(フルーツは単体で摂ること)を食べることも非常に有効です。 というのも、これらの化学物質は脂肪に溶け込んでいる脂溶性物質なので、水に溶けません。ですから、尿として排出されるには、いったん水に溶け込むために水溶性の物質に変換されなければなりません。このときに肝臓は酵素とビタミンなどの栄養を必要とします。この酵素やビタミンは、新鮮なフルーツや生野菜に多く含まれています。そして、酵素は熱で分解されるとその効力を失うので、熱で調理されてない生野菜やフルーツが肝臓の解毒作業には必要なのです。

肝臓の機能を利用した対処法ですが、体に有害な部分もあるものの日頃の生活の中でも対処できる程度のものであるということがわかるとある程度は安心できるかもしれません。Wikipediaの解説でも同様のことに言及しています。

動物実験などを基にして、人が一生涯にわたって毎日摂取しても全く影響がない量を「ADI(一日摂取許容量)」と呼び、正式な綴りは「Acceptable Daily Intake」です。アスパルテームのADIが以下のサイトで公開されていました。

ボディビルチャンピオン北島達也氏の解説

この動画の解説でもアスパルテームについて簡単に解説しています。「3:33」の辺りから始まります。実際のところ、あまり気にする必要はないようです。

ホエイプロテインのアスパルテームに関するまとめ

ホエイプロテインのアスパルテームについて簡単にまとめると次のようになるでしょう。この記事で紹介したことも確実であるとは限りませんので、不安がある場合は医師に相談するなりした方が良いです。

  • 定期的な運動や筋トレをしている人には問題がない。
  • それでも不安ならプレーン味のみ(アルプロンの場合)を購入する。
  • WPI配合の「ビーレジェンドMUTENKA」もおススメです。

アマゾンでレビューされた方は 人工甘味料は後味が気持ち悪いので、飲んだあとよく吐き気がするから嫌い と書いていますが、恐らく人によって人工甘味料が合う合わないがあると思いますので、その点も念頭に置いた方が良いでしょう。

それでも気になるのなら、アルプロンの場合は、アスパルテームを配合していない「プレーン味」を選べばよいわけですし、格安で有名な「ビーレジェンド」であれば、そういったものを一切取り除いた無添加バージョンも販売されている(しかもWPI)ので、そちらがおススメになります。

プロテインのアスパルテームのすぐ横に「L-フェニルアラニン」という物質が記載されていますが、これに関しては以下で記事にしています。

アスパルテームに関する研究レポート・論文

アスパルテームを使用していないプロテイン(ビーレジェンド)

格安のプロテインとして有名な「ビーレジェンド」に無添加バージョンが出ました。

人工甘味料など一切の添加物を取り除いた「ビーレジェンド」

人工甘味料など一切の添加物を取り除いた「ビーレジェンド」


たんぱく質に関しては、通常のWPC(ホエイプロテインコンセントレート) ではなく、高含有率(88.7%)のWPI(ホエイプロテインアイソレート)を採用しており、味は「まずく」、溶けも「悪く」、そしてシェイクすると「泡立つ」という点はあらかじめ頭に入れておいた方が良いです。

ビーレジェンドシリーズは、合わせて7,000円以上購入すると、送料代引手数料が無料になるので、楽天やアマゾンで購入するくらいなら、公式サイトで購入した方がかなり得になります。

ビーレジェンドシリーズのレビューについて、以下の記事で紹介しています。

アスパルテームを使用していないプロテイン(アルプロン)

アルプロン・トップアスリートシリーズのウエイプロテインは全部で20種類以上のフレーバーがありますが、そのうち「プレーン味」だけはアスパルテームが使われていません。



上の楽天リンクは3㎏で販売されているアルプロン・ウエイプロテイン・プレーン味で、左側は「楽天24」のもので「送料込み」、真ん中がアルプロンラボのもので「送料別」になっています。

値段に少し違いがありますが、アルプロンラボの場合は、北海道と沖縄(こちらは1,000円)以外は全て500円になっているので、ほぼ同じ値段の8,000円になります。

背景が黄色になっているものは、送料が無料でWPCが7,800円、WPI(タンパク質含有量96%)が9,612 円でした。調べてみたところ、合計5,501円(税別)以上購入すると、送料が無料になるとのことでした。

楽天の場合、まとめて買うと一つあたりの単価が低くなり、3,000円以下で購入することができます。


最強のプロテインが販売されました。

楽天で販売されているアルプロントップアスリートシリーズ(送料無料)

送料が無料で、かつ、ギリギリまで安くなっているものを選びました。
WPI(たんぱく質含有量90%以上)のものやカゼインプロテインもあります。
楽天で可能な限り安く購入したいのなら、単品よりもまとめ買いがおススメです。

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズ

アマゾンで販売されているアルプロントップアスリートシリーズのホエイプロテインをまとめました。

ビーレジェンドシリーズ

各スポーツで活躍されている方々が絶賛しているプロテイン「ビーレジェンド」です。 ボディビルダーだけでなく、総合格闘家、プロ野球、水泳、テニスなどで活躍されている方の声が掲載されています。

新しく「そんなバナナ風味」が発売されています。
ビーレジェンドを購入したい方はこちらをクリックすると公式サイトへ移動します。
以下はビーレジェンドプロテイン以外のサプリメントで、かなりハードな運動をされている方におススメです。

以下は、夜用のプロテインで、カタボリックを防いでくれます。






>> マニアックな筋トレグッズはこちら
>> 北島達也の筋トレ法

ブログトップ >> ホエイプロテインのレビューで気になったもの人工甘味料・アスパルテームについて
公開日:2014年10月21日 / 最終更新日:2017年1月15日